死角を意識して運転しよう|愛知県名古屋市
  
www.food-mileage.com




死角を意識して運転しよう
名古屋市の交通事故弁護士

死角を意識して運転、交通事故



弁護士基準、裁判基準、ご存知ですか?
もし加害者の保険会社が提示する金額が低いと感じたら、それは気のせいではないかもしれません。
交通事故 精神的損害賠償ってなに?
交通事故 精神的損害賠償ってなに?
幼児の交通事故について
幼児の交通事故について
 
運転の際は服装にもご注意を
運転の際は服装にもご注意を
 
死角を意識して運転しよう
死角を意識して運転しよう
 
進路変更 トンネル内でも大丈夫?
進路変更 トンネル内でも大丈夫?
 
遮断機だけでなく自分の目と耳で
遮断機だけでなく自分の目と耳で
 
目次
 
目次

弁護士が交通事故被害者に必須な理由
幼児の交通事故について
運転の際は服装にもご注意を
交通事故 精神的損害賠償ってなに?
死角を意識して運転しよう
進路変更 トンネル内でも大丈夫?
遮断機だけでなく自分の目と耳で
 

1999/07/02

名古屋市の交通事故に強い弁護士



2017/1/05
 死角を意識して運転しよう
交通事故による死者数は年々減少しており、これは大変良い傾向です。この背景には自動ブレーキシステムなど自動車の安全性が大きく向上しているということがあります。人間に目よりも早く、正確に判断できるカメラやレーダーによって、事前の危険を察知することができます。ただ、すべての自動車にこれらの安全装置が装備されているわけではないし、装備されていたとしてもあくまで人間の操作をサポートするものであり、完全に100%自動運転ができるわけではないので、やはり安全運転を心掛けることは大切です。

たとえば、死角を意識して運転することが大切です。トラックなどの障害物が停車していると、その後ろから人が道路を渡ろうとしていてもわかりません。急にトラックの陰から人が飛び出してきてびっくりしたという経験をしたことがある人も少なくないことでしょう。死角がある場合は人がいるかもしれないと考えながら意識して運転することが安全運転のポイントとなります。

停止線がある場所も注意が必要です。交差点の進入口などではクルマだけではなく、左右の歩道からくる人や自転車などにも注意する必要がありますが、家などに囲まれた場所だと左右から人が来ていても見えません。そのため停止線では確実に止まり、左右を確認しながらゆっくり進むように運転すると安全です。このように常に自動車の運転では、何よりも安全を考えて運転することが大切で、ましてや自分の車を見せるアピールするような運転などは控えなければなりません。スポーツカーなど走行性能に優れた自動車の場合、速く走りたい、かっこいいところを見せたいという誘惑にかられるかもしれませんが、気持ちをぐっと抑える必要があります。

 
弁護士が交通事故被害者に必須な理由 
目次|サイトマップ
弁護士が交通事故被害者に必須な理由|愛知県名古屋市弁護士が交通事故被害者に必須な理由|愛知県名古屋市
幼児の交通事故|愛知県名古屋市幼児の交通事故|愛知県名古屋市
運転の際は服装にもご注意を|愛知県名古屋市運転の際は服装にもご注意を|愛知県名古屋市
交通事故 精神的損害賠償ってなに?|愛知県名古屋市交通事故 精神的損害賠償ってなに?|愛知県名古屋市
死角を意識して運転しよう|愛知県名古屋市死角を意識して運転しよう|愛知県名古屋市
進路変更 トンネル内でも大丈夫?|愛知県名古屋市進路変更 トンネル内でも大丈夫?|愛知県名古屋市
遮断機だけでなく自分の目と耳で|愛知県名古屋市遮断機だけでなく自分の目と耳で|愛知県名古屋市

死角を意識して運転しよう
愛知県名古屋市

名古屋市弁護士
名古屋市交通事故弁護士