弁護士が交通事故被害者に必須な理由|愛知県名古屋市
  
www.food-mileage.com




愛知県の交通事故被害
名古屋市の交通事故弁護士

愛知県、名古屋、交通事故弁護士



弁護士基準、裁判基準、ご存知ですか?
もし加害者の保険会社が提示する金額が低いと感じたら、それは気のせいではないかもしれません。
交通事故 精神的損害賠償ってなに?
交通事故 精神的損害賠償ってなに?
幼児の交通事故について
幼児の交通事故について
 
運転の際は服装にもご注意を
運転の際は服装にもご注意を
 
死角を意識して運転しよう
死角を意識して運転しよう
 
進路変更 トンネル内でも大丈夫?
進路変更 トンネル内でも大丈夫?
 
遮断機だけでなく自分の目と耳で
遮断機だけでなく自分の目と耳で
 
目次
 
目次

弁護士が交通事故被害者に必須な理由
幼児の交通事故について
運転の際は服装にもご注意を
交通事故 精神的損害賠償ってなに?
死角を意識して運転しよう
進路変更 トンネル内でも大丈夫?
遮断機だけでなく自分の目と耳で
 

1999/07/02

名古屋市の交通事故に強い弁護士



2016/4/23
 1年の間に交通事故の被害にあう人は、かなりの数に上ります。
被害者の職業は様々で、中には会社の役員をしている人もいます。
役員が交通事故によって入院することになった場合、入院している間は仕事ができません。
そこで、入院期間の休業補償を加害者に請求すると、会社の役員は給与を貰う立場ではないので、休業補償には応じられないといわれるケースが少なくありません。
この場合、役員の仕事であっても、労務の対価として認められる部分については、休業損害としての請求ができるのです。
休業損害というのは、事故による怪我などのために仕事を休む必要があり、治療期間中に仕事をしていたら得られたはずの利益を、得ることができなかったことによる損害です。
ですから、休業損害として認められるのは、仕事をすることで得られるものに限られています。
役員報酬には、仕事をすることで得られるもの以外に、役員の地位によって得られるものも含まれていることが多いのです。
その部分は、原則として休業損害としては認められません。
役員報酬の中で、どのくらいが労務の対価として認められるかによって、休業損害として認められる金額が異なるのです。
ただ、実際に認められる金額は、単純に計算することが難しいのです。
会社の規模や収益、役員としての仕事の内容、年齢、給与などを参考にして判断されるため、一筋縄ではいかないのです。
役員報酬が、休業損害として認められるかどうか、認められるとすると、どのくらい認められるかについては、様々な要素によって判断されることになります。
ですから、個人がひとりで判断するのは、困難なことが多いのです。
そのため、最近は交通事故に強い弁護士に依頼して交渉を行っている人も少なくありません。名古屋にも交通事故弁護士名古屋などの交通事故に強い弁護士がいますので、無料相談を利用して具体的な金額を相談してみましょう。

もしも違法駐車の車が原因で交通事故がおきたら


 交通事故というのは、一方的に加害者が悪いという判定になることはありません。過失割合というものが考えられ、加害者に重大なミスがあったとしても、被害者のほうにも非があったと判断されるのが一般的です。9体1や8対2といった感じで過失割合が定まります。
では、もし違法駐車の車があったことで、事故が起きたというケースはどうなるのでしょうか?たとえば、駐停車禁止指定区域にある違法駐車を避けようとして、少し道をはみ出して対向車とぶつかってしまったような事故です。場合によっては、見通しが非常に悪いせいで、人身事故を引き起こしてしまったということもあるかもしれません。その場合、違法駐車した運転手にも責任があると考えられる場合があります。そうなると、被害者は、この違法駐車のほうにも賠償請求はできるものなのかが気になるところでしょう。
この場合、違法駐車をしていた人は駐車違反という罪に問われるだけです。しかし、民事の賠償責任においては、直接の加害者だけでなく、違法駐車をした運転手に対して共同不法行為というものが適用される可能性があります。つまり、それぞれが被害者に賠償金を支払うということです。もしすでに加害者が全額の賠償を支払っているなら、違法駐車の運転手に過失割合分の請求をすることができます。
ですので、もし違法駐車の車が原因で交通事故がおきたのであれば、その車の責任について問うてみることをおすすめします。

いずれにしても、もし誘因となった車両があるのであれば、保険会社にまずは相談してみることをおすすめします。悪質な違法駐車をしていたという場合には、完全に加害者に賠償責任がなくなることはないですが、過失割合が変わってくることもあるかもしれません。




人が急に飛び出してきて...自動車と車の交通事故の過失って?
自動車の事故は年々増えています。いちばんの問題点としては、運転に集中していないことがあげられています。例えば、スマートフォンを操作しながらの運転や飲食をしながらの運転、音楽を聴きながらの運転はこれに当てはまります。では、歩行者の飛び出しの場合はどのような扱いになるかご存知でしょうか。歩行者の飛び出しは、歩行者の過失になります。
 



しかし、場合によっては運転者の過失とみなされてしまうため、いくつか注意が必要です。まず、運転者が周囲に注意をしていたかという事を警察に証明しなければなりません。歩行者が急に飛び出してきた際、ブレーキを踏んだ後があるかという点がこれに当てはまります。もし、歩行者が飛び出してきた時にブレーキをすぐに踏まなければ、運転者に医療費や慰謝料を請求されてしまう可能性もあるので、注意しましょう。もし、そのようになってしまった場合は上訴することもできますが、手続きが面倒なのであらかじめ安全運転をしている事を証明できるように準備しておいた方が良いでしょう。また、運転席の近くに音楽プレイヤーがあったり、食べかけているお菓子を置いておいたりすると、疑われる要因にもなります。歩行者の飛び出しの場合で歩行者が重傷を負ってしまった場合は、正常に事故現場を説明することは困難でしょう。運転者が警察に報告をする事になると思うので、必ず普段から気を付けるべきです。最後に、歩行者の飛び出しの場合でも、衝突した後に救急車や警察を呼ばずに逃げてしまうと、ひき逃げ事件として扱われてしまいます。運転者が原因ではなく急いでいる場合でも、必ず救急車と警察に連絡をし、事故の報告をして歩行者を助ける事は必須になります。

交通事故休業損害と弁護士

バックしてきた車に追突された場合の過失割合
 バックしてきた車に追突された場合、当然ながら相手側の不注意を最大の過失として捉える事となります。ですが過失割合がどうなるかについては、状況と場所に拠って異なります。 まず公道上が追突場所である場合、こちらの車が停車・走行の何れの状況にあったかが大きな要素となります。停車中の場合には後方から前進車に追突された時と同様、10:0の過失割合となるケースも考えられます。特に注意を払い難い側面への衝突の場合において、10:0の適用可能性は高まります。但し実際にはクラクションで注意を促せる前面への衝突・停止状態を完全に証明出来ないといった場合もあり、9:1や8:2の適用が為される可能性もあります。翻って僅かな速度でも走行中であった場合には、こちらに注意義務が無かったとされるケースは殆どありません。10:0の適用は殆ど考えられず、7:3程度で軽度の過失を負う事が一般的です。 一方、駐車場内などのもともと狭く走行において注意を高めて置く必要のある場所では、過失割合の適用が異なって来ます。特に駐車場内は車が何時でも動き出す可能性のある場所と判断すべきと捉えられ、バックで追突された場合でも5:5から過失割合を探るケースも少なくありません。 勿論、こちらの車の状況は大いに加味されます。走行・停止の状態は勿論の事、側面追突の場合には過失割合が低くなる傾向にあります。この辺りは公道上と同等の考えであり、7:3やそれより低い過失割合の適用も有利な状況なら充分に考えられます。また駐車状態でそもそも車両に乗っていない状況の場合、駐車の範囲や処置が正確であれば、当然ながら10:0の適用が基本となります。 何れにせよ重過失となるのは相手方であり、そこにこちら側の予見可能性・保険会社が状況に納得するかといった点が、加味されるという訳です。

交通事故 弁護士 名古屋
名古屋市の交通事故弁護士
交通事故被害者側専門交通事故事件の経験が豊富で、数百万円の増額が珍しくない交通事故弁護士

交通事故被害者側専門の全国に支店がある弁護士法人

勉強会を開催。医学的研鑽も積んで被害者のために毎日努力している交通事故に詳しい弁護士法人


交通事故休業損害などの算定の基礎
むち打ちは後遺障害等級12級か、後遺障害等級14級かで賠償額が大きく変化します。本当に痛いから14級、という訳にいかないのが現実です。
器質的損傷が客観的に証明できるように交通事故に詳しい弁護士に相談して医証を揃えるなどしないと、本当は12級で評価されるべきケースでも客観的な資料がなければ認められない場合があります。

弁護士が交通事故被害者に必須な理由 
目次|サイトマップ
弁護士が交通事故被害者に必須な理由|愛知県名古屋市弁護士が交通事故被害者に必須な理由|愛知県名古屋市
幼児の交通事故|愛知県名古屋市幼児の交通事故|愛知県名古屋市
運転の際は服装にもご注意を|愛知県名古屋市運転の際は服装にもご注意を|愛知県名古屋市
交通事故 精神的損害賠償ってなに?|愛知県名古屋市交通事故 精神的損害賠償ってなに?|愛知県名古屋市
死角を意識して運転しよう|愛知県名古屋市死角を意識して運転しよう|愛知県名古屋市
進路変更 トンネル内でも大丈夫?|愛知県名古屋市進路変更 トンネル内でも大丈夫?|愛知県名古屋市
遮断機だけでなく自分の目と耳で|愛知県名古屋市遮断機だけでなく自分の目と耳で|愛知県名古屋市

弁護士が交通事故被害者に必須な理由
愛知県名古屋市

名古屋市弁護士
名古屋市交通事故弁護士