交通事故 精神的損害賠償ってなに?|愛知県名古屋市
  
www.food-mileage.com




幼児の交通事故
名古屋市の交通事故弁護士

交通事故の精神的損害賠償、弁護士



弁護士基準、裁判基準、ご存知ですか?
もし加害者の保険会社が提示する金額が低いと感じたら、それは気のせいではないかもしれません。
交通事故 精神的損害賠償ってなに?
交通事故 精神的損害賠償ってなに?
幼児の交通事故について
幼児の交通事故について
 
運転の際は服装にもご注意を
運転の際は服装にもご注意を
 
死角を意識して運転しよう
死角を意識して運転しよう
 
進路変更 トンネル内でも大丈夫?
進路変更 トンネル内でも大丈夫?
 
遮断機だけでなく自分の目と耳で
遮断機だけでなく自分の目と耳で
 
目次
 
目次

弁護士が交通事故被害者に必須な理由
幼児の交通事故について
運転の際は服装にもご注意を
交通事故 精神的損害賠償ってなに?
死角を意識して運転しよう
進路変更 トンネル内でも大丈夫?
遮断機だけでなく自分の目と耳で
 

1999/07/02

名古屋市の交通事故に強い弁護士



2015/10/05
 交通事故 精神的損害賠償ってなに?
 交通事故に巻き込まれて被害者となってしまった場合には、加害者に対して損害賠償を請求することができます。損害賠償とは、怪我を負った場合の治療費や仕事を休まなければならなくなった場合の休業補償の費用などのことをいいます。また、交通事故にあった事で生じる精神的苦痛に対しても損害賠償を請求することができます。これが精神的損害賠償といわれるもので、一般的には慰謝料と呼ばれています。
精神的苦痛といっても、それを目で測ったり数値化することはできません。そのため慰謝料は、事故の程度や過去の事例などから総合的に判断されています。怪我を負ってしまった部位や入院や通院にかかった期間などです。治療を行って完治した場合と後遺障害が残ってしまった場合では、後者の方が大きな被害を被ったことになるので損害賠償請求額も大きくなります。後遺障害には傷跡が残ってしまったとか麻痺が残ってしまったというような身体的な後遺障害の他に、精神的な障害もあります。交通事故で恐ろしい体験をしたことによってPTSDを発症したとか、体に麻痺が残ってしまったことでうつ病を発症したなども後遺障害と認められることがあります。その他にも、外傷性神経症、不安神経症、心気神経症、恐怖症といった病気になることもあります。ただし、慰謝料に明確な基準というものは存在していません。
それから、交通事故にあった被害者が死亡してしまった場合には、遺族も精神的苦痛を被っていますからそれに対して慰謝料を請求することができます。この場合、被害者本人が受け取るべき慰謝料とは別に考えます。被害者本人の慰謝料は相続人が相続し、遺族としての慰謝料も請求することができるので、一般的には合算した金額になります。

 
弁護士が交通事故被害者に必須な理由 
目次|サイトマップ
弁護士が交通事故被害者に必須な理由|愛知県名古屋市弁護士が交通事故被害者に必須な理由|愛知県名古屋市
幼児の交通事故|愛知県名古屋市幼児の交通事故|愛知県名古屋市
運転の際は服装にもご注意を|愛知県名古屋市運転の際は服装にもご注意を|愛知県名古屋市
交通事故 精神的損害賠償ってなに?|愛知県名古屋市交通事故 精神的損害賠償ってなに?|愛知県名古屋市
死角を意識して運転しよう|愛知県名古屋市死角を意識して運転しよう|愛知県名古屋市
進路変更 トンネル内でも大丈夫?|愛知県名古屋市進路変更 トンネル内でも大丈夫?|愛知県名古屋市
遮断機だけでなく自分の目と耳で|愛知県名古屋市遮断機だけでなく自分の目と耳で|愛知県名古屋市

交通事故 精神的損害賠償ってなに?
愛知県名古屋市

名古屋市弁護士
名古屋市交通事故弁護士