幼児の交通事故|愛知県名古屋市
  
www.food-mileage.com




幼児の交通事故
名古屋市の交通事故弁護士

幼児の交通事故、弁護士



弁護士基準、裁判基準、ご存知ですか?
もし加害者の保険会社が提示する金額が低いと感じたら、それは気のせいではないかもしれません。
交通事故 精神的損害賠償ってなに?
交通事故 精神的損害賠償ってなに?
幼児の交通事故について
幼児の交通事故について
 
運転の際は服装にもご注意を
運転の際は服装にもご注意を
 
死角を意識して運転しよう
死角を意識して運転しよう
 
進路変更 トンネル内でも大丈夫?
進路変更 トンネル内でも大丈夫?
 
遮断機だけでなく自分の目と耳で
遮断機だけでなく自分の目と耳で
 
目次
 
目次

弁護士が交通事故被害者に必須な理由
幼児の交通事故について
運転の際は服装にもご注意を
交通事故 精神的損害賠償ってなに?
死角を意識して運転しよう
進路変更 トンネル内でも大丈夫?
遮断機だけでなく自分の目と耳で
 

1999/07/02

名古屋市の交通事故に強い弁護士



2017/1/07
 幼児の交通事故
 幼児の交通事故というのは、非常に痛ましいものです。子供が小さいと、親は常に目を配っているものですが、それでも事故は起きてしまうものです。交通事故が起きる原因のひとつとして、「親の後を追いかけて」というのがあげられています。
これは、いくつかのケースがあります。まず、親が別のことに夢中になって子供を放ったらかして先に歩いている場合です。親からはぐれまいと必死についていこうとしますが、幼児はまだまだ集中力が散漫です。
いつの間にか、全然違う方向に向かっていることもあれば、何かをみつけて、いきなり道路の真ん中でしゃがみこんでしまうこともあるかもしれません。そのせいで、車や自転車にはねられてしまうということがあるでしょう。しかし、これは親が気を付けていれば、ある程度は防げる事故です。明らかに親の不注意といえるかもしれません。

問題になるのは、知らぬ間に子供が勝手についてきている場合です。こちらは、親がまったく気づかないうちに、勝手に追いかけてきているケースです。たとえば、お父さんやお母さんがお出かけするのについて行きたくて、ひとりでに玄関を出てくるなどです。あるいは、横断歩道で見送るように言われているのに、つい渡ってしまうということもあるかもしれません。幼児は、親から離れたくない一心で、周囲の状況がまったく視野に入らなくなることがあります。その結果、交通事故が起こってしまうことがあるでしょう。
親の後を追いかけて事故にあうという展開は、とても悲しいものです。ですので、ひとりで出かけるという場合でも、後方を確認し、子供がついてきていないか確認するほうがよいでしょう。ちょっとした用心が悲劇を未然に防げることもあるかもしれません。

 
弁護士が交通事故被害者に必須な理由 
目次|サイトマップ
弁護士が交通事故被害者に必須な理由|愛知県名古屋市弁護士が交通事故被害者に必須な理由|愛知県名古屋市
幼児の交通事故|愛知県名古屋市幼児の交通事故|愛知県名古屋市
運転の際は服装にもご注意を|愛知県名古屋市運転の際は服装にもご注意を|愛知県名古屋市
交通事故 精神的損害賠償ってなに?|愛知県名古屋市交通事故 精神的損害賠償ってなに?|愛知県名古屋市
死角を意識して運転しよう|愛知県名古屋市死角を意識して運転しよう|愛知県名古屋市
進路変更 トンネル内でも大丈夫?|愛知県名古屋市進路変更 トンネル内でも大丈夫?|愛知県名古屋市
遮断機だけでなく自分の目と耳で|愛知県名古屋市遮断機だけでなく自分の目と耳で|愛知県名古屋市

幼児の交通事故
愛知県名古屋市

名古屋市弁護士
名古屋市交通事故弁護士