運転の際は服装にもご注意を|愛知県名古屋市
  
www.food-mileage.com




運転の際は服装にもご注意を
名古屋市の交通事故弁護士

運転の服装、交通事故



弁護士基準、裁判基準、ご存知ですか?
もし加害者の保険会社が提示する金額が低いと感じたら、それは気のせいではないかもしれません。
交通事故 精神的損害賠償ってなに?
交通事故 精神的損害賠償ってなに?
幼児の交通事故について
幼児の交通事故について
 
運転の際は服装にもご注意を
運転の際は服装にもご注意を
 
死角を意識して運転しよう
死角を意識して運転しよう
 
進路変更 トンネル内でも大丈夫?
進路変更 トンネル内でも大丈夫?
 
遮断機だけでなく自分の目と耳で
遮断機だけでなく自分の目と耳で
 
目次
 
目次

弁護士が交通事故被害者に必須な理由
幼児の交通事故について
運転の際は服装にもご注意を
交通事故 精神的損害賠償ってなに?
死角を意識して運転しよう
進路変更 トンネル内でも大丈夫?
遮断機だけでなく自分の目と耳で
 

1999/07/02

名古屋市の交通事故に強い弁護士



2016/11/21
 運転の際は服装にもご注意を
 交通事故の中でも自動車の誤操作による事故は多いです。自動車の誤操作の原因は様々ですが、そのひとつとして運転する時の服装が問題視されています。
自動車の基本操作は、アクセルで加速、ブレーキで減速、ハンドルで曲がるというものですが、誤操作で事故となる確率が高いのは足元です。足元の誤操作は加速と減速という相反する誤操作となりますので、非常に危険です。
足元の誤操作の主な原因となるのは服装にあります。ヒールの高い靴を履いていますと、アクセルからブレーキへのペダルの踏みかえが一瞬遅れてしまうのです。この一瞬の遅れが事故に繋がる場合があります。事故が起こる場面というのは、急ブレーキを踏む場合が多いですので、この咄嗟のペダルの踏みかえが事故を回避できるか否かの分かれ目となります。ですから、ヒールの高い靴ですと、事故を回避できる確率が下がってしまうのです。ペダルを咄嗟に踏みかえたり、急ハンドルで事故を回避することが出来ないという点からすると、長めの袖やスカートといった服装も危険です。服が急な運転操作の妨げとなる為です。ですから、長めの袖やスカートといった服装での運転は避けた方が良いでしょう。また、踵が固定されていないサンダルを履いての運転も非常に危険です。踵が固定されていないサンダルは、運転中に脱げてしまう恐れがあるためです。運転中にサンダルが脱げてしまいますと、ペダルを踏み間違えるだけでなく、ペダルの奥にサンダルが挟まってしまってペダルを踏むことが出来ないといった状況になりかねません。スピードが出ている状態でそのような状況に陥りますと、死亡事故に繋がる恐れがあります。非常に危険です。踵が固定されていないサンダルでの運転は避けるべきでしょう。

 
弁護士が交通事故被害者に必須な理由 
目次|サイトマップ
弁護士が交通事故被害者に必須な理由|愛知県名古屋市弁護士が交通事故被害者に必須な理由|愛知県名古屋市
幼児の交通事故|愛知県名古屋市幼児の交通事故|愛知県名古屋市
運転の際は服装にもご注意を|愛知県名古屋市運転の際は服装にもご注意を|愛知県名古屋市
交通事故 精神的損害賠償ってなに?|愛知県名古屋市交通事故 精神的損害賠償ってなに?|愛知県名古屋市
死角を意識して運転しよう|愛知県名古屋市死角を意識して運転しよう|愛知県名古屋市
進路変更 トンネル内でも大丈夫?|愛知県名古屋市進路変更 トンネル内でも大丈夫?|愛知県名古屋市
遮断機だけでなく自分の目と耳で|愛知県名古屋市遮断機だけでなく自分の目と耳で|愛知県名古屋市

運転の際は服装にもご注意を
愛知県名古屋市

名古屋市弁護士
名古屋市交通事故弁護士